◆金属加工機械 >
CNCドリルマシン > データ通信システム

 

 SHOWAデータバンクシステム (Windows対応版 / SDB WIN)



概 要

NC加工データをパソコンで作成・管理し、ドリルマシンの要求より加工データの通信が行えます。
発注先のCADで作成された図面データの読み込みができます。
複数な穴データのガセットプレート(変形部材)等の加工データもスムーズに入力作業できます。

特 徴

1.CADよって作成された図面データをDXFデータ変換により、ドリルマシンの加工用データとして利用できます。
2.図面データを利用できるため、ドリルマシンの加工データの入力ミスがなくなり不良が減少します。
3.図面データを利用できるため、複雑なプログラムも簡単な操作で作業できます。
4.加工用データを事務所のパソコンで管理し、作業者は指示書に示された操作で作業することができます。
5.現在使用されている昭和精工製品ドリルマシン全機種にも接続が可能です。
6.データバンクシステム1台に対し、複数台のドリルマシンとオンライン接続が可能です。